無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • ツイッター

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月18日 (月)

『誰がMr.Bを殺したか?』容疑者公開(8)

S_2聴取記録 1947年4月30日 執事 シュバルツバルト

最後は私についてですね。
ええ、いつか旦那様を殺してやりたいと思っておりました。
私が前の主人からB様の執事になったのは半年前の事です。
前の主人は貴族の出身で、お小さい頃から私が担当しておりました。
しかし、半年前B様に騙されて行方が知れなくなりました。
私はいずれ、前の主人の復讐を果たすためにこの屋敷に来たのです。
-
探偵さん、私が語れるのはこれで以上です。
正直に言うなら……。いや、やめておきましょう。
誰がMr.Bを殺したのか?
あなたならきっと真相に気づくのでしょうから。
(イラスト:JT)


コミュニケーション探偵ゲーム  『誰がMr.Bを殺したか?-Who is the murder of a Mr.B?-』についてはここをクリック

『誰がMr.Bを殺したか?』容疑者公開(7)

聴取記録 1947年4月30日 執事 シュバルツバルト

マスタード大佐は私の前の主人と懇意にしておりましたのでよく存じております。
とはいえ、先の戦争で戦地に赴いていたそうですから4,5年ぶりにお会いしました。
お優しい方なのですが、戦地ではかなり大変な思いをされたようで
今はお酒をかなりの量嗜まれるようになったようです。
プラム様の医院に通っているという噂も聞いております。
旦那様を殺す動機があるかどうかですか?……あると思います。
兵器の横流しをしていましたから、それをネタに強請られていたと思います
(イラスト:JT)


コミュニケーション探偵ゲーム  『誰がMr.Bを殺したか?-Who is the murder of a Mr.B?-』についてはここをクリック

S

2011年4月16日 (土)

『誰がMr.Bを殺したか?』容疑者公開(6)

聴取記録 1947年4月30日 執事 シュバルツバルト

このゲストハウスに一番長く勤めてるのは私じゃなくメイドのキャンティですね。
5年ほど前に孤児院から旦那様に引き取られてからここでメイドをしているそうです。
ちょっと、おどおどした感じが気になりますか?
ええ、精神科医のプラム様も同じようなことをおっしゃってましたね。虐待を受けた子供のようだと。
仮に虐待を受けていたとしても孤児院で受けていたのか、旦那様から受けたのかはわかりませんが、
孤児院にいたころはかなり明るい感じの少女だったそうですよ。
(イラスト:JT)

コミュニケーション探偵ゲーム  『誰がMr.Bを殺したか?-Who is the murder of a Mr.B?-』についてはここをクリック

S_4

2011年4月13日 (水)

『誰がMr.Bを殺したか?』容疑者公開(5)

S_2 聴取記録 1947年4月30日 執事 シュバルツバルト

ええ、プラム医師と一緒にいらっしゃたのがミス・スカーレットですね。
このゲストハウスにくる途中で車がエンストを起こしてしまったんだとか。
ええ、確かにお美しい方ですが美しいものには棘があると良く言いますよね?
それを体現したような女性だと聞いております。
複数の娼館を経営しており、そこで得た情報を売って
さらに利益を得ているそうです。
まぁ、そういう女性ですから恐喝を生業にしていた旦那様とは
何かしらのトラブルがあってもおかしくは無いと思います。

コミュニケーション探偵ゲーム  『誰がMr.Bを殺したか?-Who is the murder of a Mr.B?-』についてはここをクリック


『誰がMr.Bを殺したか?』容疑者公開(4)

S聴取記録 1947年4月30日 執事 シュバルツバルト

当日このゲストハウスには何人いたかですか?
お客様が5名様と私ども使用人が3名、それに旦那様の計9名ですね。
お客様の中で一番お若いのはプラム医師です。
精神科医をされてらっしゃいます。
戦争から帰ってきた兵士の方がクライアントとして多いようです。
確かに女性の方に人気があるようですが、奥様はいらっしゃらないですね。
その、カナルストリート(注、イギリスのゲイタウン)にいたという
噂もございますのであまり深くは聞いておりません。
ただ、カナルストリートにいたのが事実なら
旦那様がそのことをネタに金品を要求していてもおかしくは無いですね。


コミュニケーション探偵ゲーム  『誰がMr.Bを殺したか?-Who is the murder of a Mr.B?-』についてはここをクリック

2011年4月12日 (火)

『誰がMr.Bを殺したか?』容疑者公開(3)

S_2聴取記録 1947年4月30日 執事 シュバルツバルト

料理人のホワイトについてですか?

あまり詳しくは存じないのですが、もともとはロンドンで
ご主人と小さな食堂をしていたのだとか。
しかし、戦争が終わったあと、突然ご主人が失踪したんだとか。
その後、上海に渡って中華料理を勉強して来たそうです。
こちらに戻ってからは出張料理人をしていたそうです。
かなり多くの政財界の方々のお宅に出向いていたらしいですよ。

どうやら旦那様とは昔からお知り合いのようで
こちらで働くようになる以前から度々お会いになっていたようです。
上海に渡る費用も旦那様が出したそうですが、
最近は旦那様と何かもめていたようです。

 

(キャラクターイラスト:JT)

コミュニケーション探偵ゲーム  『誰がMr.Bを殺したか?-Who is the murder of a Mr.B?-』についてはここをクリック!

『誰がMr.Bを殺したか?』 容疑者公開(2)

S聴取記録 1947年4月30日 執事 シュバルツバルト

次に起こしになったのはピーコック夫人ですね。
ええ、とある政治家の奥様でらっしゃいます
社交界ではちょっとした有名人だとお聞きしております。
何でも元はデザイナーをされていたとかで
パーティなどでは夫人のお召し物が良く話題にのぼるそうで。

そうそう、料理人のホワイトが出張料理人をしていた頃、
よくお宅に伺っていたと聞いております。
何でもゴウヌイエヌを使った料理がお好きなのだとか。

Mr.Bを殺す動機があるかですか?

そうですね、夫人は良くペットを飼っていると聞いたことがあります。
最近ではツバメを外で飼ってらっしゃるとか。
もちろんご主人には内緒で。まぁ、ばれたら大きなスキャンダルになるでしょうから
その辺りを旦那様に強請られていたのかもしれませんねえ。

(キャラクターイラスト:JT)

2011年4月 9日 (土)

『誰がMr.Bを殺したか?』容疑者公開(1)

聴取記録 1947年4月30日 執事 シュバルツバルトS

当日のお客様の事をお聞きになりたいという事ですか?
ただ、私もお客様のお名前までは存じないんですが……。
ええ、主人からお客様は偽名で呼ぶようにと申し付かって
おりましたので本当のお名前は聞いておりません。
お客様は皆様、地位も名誉もある方ですので深く詮索しないようにと。

そうですね、一番初めにお越しになったお客様はグリーン教授です。
教授は物理学の権威だと聞いております。
オック○フォードの教授をされているとか。
最近ではノー○ル物理学賞の候補になるという話も出ているようです。

ただ、主人であるMr.Bに目をつけられるだけあって
後ろ暗いところもあったみたいですが……。
一説によると先の大戦(注、第2次世界大戦)では
ドイツで殺人兵器の開発をしてたとか……。

いや、あくまで噂です。ただ、事実なら確実に脅されていたと思います

(キャラクターイラスト:JT)

2011年4月 4日 (月)

いよいよチケット発売です!

コミュニケーション探偵ゲーム
『誰がMr.Bを殺したか?-Who is the murder of a Mr.B?-』

はいよいよ明日10時チケット発売です!
チケットはe+からどうぞ!

追伸、前のブログ記事はエイプリルフールのネタを含んでいました。念のため。

2011年4月 1日 (金)

コミュニケーション探偵ゲーム、海を渡る?!

東京カルチャーカルチャーで開催が決定している
「コミュニケーション探偵ゲーム
誰がMr.Bを殺したか?-Who is the murder of a Mr.B?-」
は4月5日からチケット発売です!
よろしくお願いします!

さて、このコミュニケーション探偵ゲームなんですが……、

なんと台湾でも公演することになりました!

「偵探遊戲通訊
誰是謀殺Br.B
-Who is the murder of a Mr.B?-」

詳しくは台湾公演公式サイト

↓反転
台湾公演は今のところ嘘ですが、東京カルチャーカルチャーでやるのは本当です!

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »